格安SIM楽天モバイルの設定メモ


楽天モバイルに移行したときのメモ。
全体のイメージがつかめないと何から始めたら良いのかわかりづらいので。

端末購入

端末はApple Storeで予め買っておいた。SIMフリーに対応していなければならないのでiPhoneならば6s以降でないと使えない。またiPhoneSEもSIMフリーに対応している。

MNP予約番号

要は今の電話番号を維持したいための解約手続き。手続きは契約者本人であることが必要。
電話でも店頭でも手続き可能。
MNP発行で仮解約となるが、2週間程度はメールも電話も今まで通り使える状態。
この間に次の楽天モバイルのSIMを購入してセットする。

楽天モバイル申し込み

予め楽天会員になっておくとログインIDパスワードに混乱せずに後々楽である。
楽天モバイル申し込みページから必要項目を入力。

※注意点
通話SIMを選択
SIMカードのみ
ベーシックプラン1250円(回線に不満があれば後からでも変更出来る)
iPhone SEやiPhone7ならnano SIM
オプションサービスなどはすべてチェックを外す。
MNP予約番号入力

本人確認書類は写真で撮ってアップロードする形。
審査を通過後、SIMの発送。2、3日くらいかかる。

SIMを端末に設定

SIMが届いたら、端末の電源を切ってからSIMを挿入。
初期設定するに辺りWifi接続が必要。
SIMの付属書類の説明どおりANP設定を行う。
ここで少しツマヅイた。申込種別が006、007なのか008、009なのか初期段階では確認できなかったため。
008、009のプロファイルをインストールしたがモバイルデータ通信エラーになる。
再度006、007のプロファイルをインストールしてiPhoneを再起動したら繋がるようになった。何かトラブルがあったらまずは再起動してみること。

楽天モバイルのサポートセンターへの電話は混雑して繋がらない。チャットでのサポートがある。また銀座に実店舗がある。

その他

楽天電話は無視してよい。
LINEで通話をすれば電話代はかからない。
SMSもiPhone同士ならタダ。携帯メールは使わなくなった。その代わりGmailをメインに使うようにしている。
回線速度はかなり遅くGoogleマップは使い物にならない。
どうしても高速通信が必要な場合1GB/980円で追加できる。
地図はmaps.meを使っている。
予め地図をダウンロードしておいて、GPS通信で現在地を確認できる。海外旅行でも使えそう。